診療内容

Dental Implantインプラント治療

インプラントとは?

インプラントとは、失った歯のかわりに、歯の土台として、チタン製の人工の歯根を設置し、その上に被せものする治療のことで、ブリッジや入れ歯とはことなり、直接骨に固定されるので、固い食べ物でも食べられるようになり、噛む喜びを永久的に取り戻すことができます。
また、当院のドクターは1000件以上のインプラント診療を行っており、経験豊富で患者様ひとりひとりの症状にあわせたより安全で確実な診療を提供できます。

インプラント診療のメリット

  • 天然の歯のような感覚で食べ物を噛むことができます。
  • 噛むことできるので、食べ物制限がなくなり、食生活が向上します。
  • 見た目も天然の歯と同様になり、歯を見られても恥ずかしくないので、自然な笑顔を取り戻せます。
  • 入れ歯のズレや食べ物が入れ歯と歯ぐきの中に入ることがなくなります。

こういった症状の方はインプラント診療をおすすめします。

  • 噛む喜びを取り戻したい方
  • 入れ歯が動いたりして合わない方
  • 奥歯がない方
  • 前歯が多く抜けている方
  • 総入れ歯でよく合わず不快感を持たれている方

より安全で健全なインプラント診療を実現するために先進機器を導入しています。

最新のデジタルレントゲン・CT

最新のデジタルレントゲン・CT

被爆量の少ない精度の高い画質

シムプラント

シムプラント

インプラント術前シミュレーションソフト(3D画像)により、安全・確実なオペの実現までをトータルにサポートします。

オステル

オステル

埋入したインプラントと周囲の骨がどのくらい結合しているか計測する機械です。
骨の結合には個人差があるので、当院ではオステルを用いて、患者様一人一人の骨質にベストなタイミングで治療をスムーズに進めることができます。

特別診療室

特別診療室

プライバシーに最大限配慮した特別診療室です。

ブリッジとの違いは?

ブリッジは抜けた歯の両隣の歯を利用して、仮の歯を固定する治療です。両隣の健康な歯に金具で固定するため、負担がかかり、それらの歯も悪くしてしまう可能性があります。
インプラントは抜けた歯の箇所に設置するので、健康な歯への負担をかけることはありません。違和感もなく、見た目も自然です。

インプラント診療は医療費控除が適用できます。

医療費控除

控除される金額は下記の計算額になります。

医療費控除

※1 控除額の上限は200万円まで。
※2 その年の1月日から12月31日までに支払った医療費。
※3 所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。

交通費も控除の対象に

入院までの交通費も控除の対象となります。日時・病院名・交通費・理由を控えておいてください。
※車で通った場合のガソリン代・駐車場代は控除の対象となりません。ご注意ください。

インプラント診療の流れ

1
お電話、またはメールでご予約を受付
お電話(TEL 098-943-9968)、またはお問い合せフォームより内容や症状をお聞きし、ご来院の日時を受付致します。
お電話、またはメールでご予約を受付

2
問診・お口の検査
まずインプラント診療を受けたい理由・悩み・ご要望をよく聞いて、今の歯の状態とインプラント治療ができるお口の状態、身体の状態を確認します。
また、これまで治療されてきた歯の経緯について伺い、虫歯・歯周炎の有無・歯槽膿漏・骨や粘膜などを調べて、お口の中の状態を細部まで把握します。
問診・お口の検査

3
レントゲン検査
口の中を全体撮影できるレントゲンで歯茎廻りや顎の骨を確認します。検査と診察をして基本的な治療計画を立てます。
必要に応じてCTスキャンを行う場合もあります。
レントゲン検査

4
診療開始
手術は減菌した手術室、あるいは無菌の手術室で行います。
器具や施術者も十分消毒して、感染がおこらないよう、徹底した衛生管理しています。
診療開始

5
セルフケア
インプラントはメンテナンスがひどいと歯槽膿漏にかかったり、最悪の場合にはインプラントが抜けてしまうことがあります。
毎日、食後にきちんと自分の歯と同じように歯磨きをしてプラークコントロールする必要があります。
セルフケア

6
定期検診
治療が終わった後は、まず3ヵ月後に定期健診があります。
最初の1年はまだ骨が固まっていく過程なので、定期健診にて歯茎の状態やインプラントの清掃状態、噛み合わせの様子などのチェックを行います。
定期検診

患者様の声

りんごもかめるようになりました。Aさん 50代(男性)

私は初め、右側の奥を2本虫歯で抜いたのでインプラントをしていただきました。
しかし2、3年後、左側も痛くなってきました。右側のインプラントの調子がとてもよかったこともあり、左側の施術もお願いしました。
その後、りんごもかめるようになりました。

いろいろな物が噛めるようになり、積極的に出掛けるようになりました。Bさん 40代(女性)

私は初め、右側の奥を2本虫歯で抜いたのでインプラントをしていただきました。
私はいつも口元を隠し、人前に出るのも嫌でした。歯医者には、治療が痛いという思い出があり、治療に踏み切るまで2、3ヶ月悩みました。インプラントの施術をしてから、いろいろな物が噛めるようになりました。
積極的に出掛けるようになり、友達をつくろうと月に1度飲み会も行けるようになりました。

違和感も無く快適ですごく満足しています。62歳(女性)

私の場合、上の左右の奥歯が無くて初めからインプラントをやるつもりで5,6件の歯医者さんに相談に行きましたが、骨の厚みが足りないとのことでインプラントは出来ないと言われたり、かなり難しい手術だから大学病院に行くしかないといわれ、なかばあきらめていました。大学病院はかなり遠く何とか近くでやっていただける歯医者さんを探そうと息子に協力してもらいインターネットで探しました。まず電話である程度こちらの状態を説明し、“確かに難しい手術ですが、私どもでは問題なく手術可能だと思いますよ”と言って下さり、ぜひ1度相談にお越し下さいということだったので、ワクワクドキドキしながらクリニックに伺いました。一通り検査を受け、院長先生の口から“大丈夫。オペは問題なくできますよ”という言葉を聞き、ホッと安心しました。そして提携している総合病院で撮影したインプラント用のCTの画像を、かねだ歯科診療室で立体的に見せて頂き、すごく分かりやすく、詳しい説明を受け、安心して手術に望むことができました。手術は軽い全身麻酔のような状態で全く痛みや恐怖心が無く居眠りをしているうちにあっという間に終わりました。
そして現在は歯も入り、全く違和感も無く快適ですごく満足しています。本当に腕のいい先生にめぐり逢えたと思っています。その後主人もインプラント手術を受け、家族全員でお世話になっております。

ページトップへ

医療法人なかわか くくる歯科医院